日本減災研究所

感震・出火防止コンセント『雅』

地震火災・配線火災を未然に防ぐ

日本消防設備安全センター推奨認定

感震ブレーカー内蔵の感知地震・防災コンセント『雅』タイプSは、2014年10月の内閣府・経済産業省・総務省消防庁による合同テストを経て、2015年度の閣議決定により『感知地震ブレーカーガイドライン商品』として選定されました。
翌2016年度の閣議決定では、新たな住生活基本計画で、地震時等に著しく危険な密集市街地への新築工事や回収工事施工時についての感震コンセント設定を『勧告事項』として位置づけられました。

古都京都の世界遺産にも設置された信頼のコンセント

新しいネジ一本かえることも簡単ではない世界遺産ですが…

『千年・二千年前の先達の遺産を後世に残さなければならない』この住職の一言で、世界遺産への感震コンセントの設置が実現しました。

製品仕様

製品仕様
形式壁埋め込み型コンセント125V(15A)
規格電気用品安全法(PSE)
出力2つ口仕様、アース無し(2P)×1口,アース付き(2PE)×1口)
入力2PE配線、φ1.6/φ2.0単芯対応、送り端子付き
外寸埋め込み部分 26.7mm、プレート厚み14.5mm
消費電力1.5VA(通常時) 23円程度
通常耐久年数10年
利用可能時動作緑色LED点灯、赤色LED消灯(ブザーOFF)
復旧方法復旧ボタン(埋め込み式の押しボタン)を、ボールペンの先等で押す(1回)
テスト方法テストボタン(埋め込み式の押しボタン)を、ボールペンの先等で押す(3秒)
地震火災防止震度、約5強の揺れで遮断
配線火災防止コンセント温度の上昇を感知し遮断
火災防火機能タイプS(地震、通電、配線、避雷に対応)
タイプA(配線、避雷に対応)
避雷機能異常電圧保護、異常電流保護機能内蔵

地震火災防止機能
遮断時動作赤色LED点灯、緑色LDS消灯、ブザーON
振動感知方式振り子型地震感知器(鋼球落下式センサー)
遮断震度震度5強(180GAL以上の揺れ)
接点方式常時接点(ノーマルクローズドタイプ)
接点素材銅合金に金メッキ
錆対策プラスチック及び耐食材質を使用
誤動作対策震度5以上の揺れを3秒間に3回以上の揺れをセンサーが感知した場合、CPUが判別して遮断信号を出力します。

通電火災防止機能
停電中動作赤色LED、緑色LDS 共に消灯(ブザーOFF)
通電後動作赤色LED、緑色LDS 共に点滅(ブザーOFF)
瞬停対応約0.1秒の瞬間電圧低下に対応

配線火災防止機能
遮断時動作赤色LED、緑色LDS 共に消灯(ブザーON)
熱感知方式サーモスタット
遮断温度70℃±5℃
復旧可能温度50℃±15℃
遮断機能トラッキング、抵抗値増加(プラグの半抜け等)、過大電流(タコ足配線等)等による発熱を感知し、電気を遮断

避雷防止機能
避雷時動作 約0.1秒を超える瞬間電圧低下の場合(停電時動作に同じ)
約0.1秒以内の瞬間電圧低下の場合(保護のみ)
180Vから働き3000Vまで保護(600Aで2回・800Aで1回耐久) 約0.1秒以内の瞬間電圧低下の場合(保護のみ)

設置時の注意点
避雷機能(アース利用)の為、2PE配線(φ1.6/φ2.0 端子)を利用
被覆は14mm剥く事
地震感知機を内蔵の為、垂直(±2°)に設置する事

資料ダウンロード

製品仕様関連  
メディア掲載記事  
動画  
ページのトップへ戻る